障害者への求人とは

障害がある方への求人

トップ / 障害がある方への求人

受付業務の求人情報

障害者求人の現状について

企業は、法定雇用率で掲げられている数値を達成するために障害者を求人するケースが多いです。障害の種類によって募集の数や仕事の内容は異なります。法定雇用率の達成や助成金を確保するために障害を持った人を募集する企業も少なくないです。募集を出している企業は、真剣に障害を持つ人々の就労や社会参加について考えている所もあれば、その一方、行政機関からの指示で無理矢理行っている所もあります。経営にゆとりのある会社は積極的に障害のある人々を募集し、その職場で勤務してもらおうとする傾向が強いです。改善に取り組めばもっと多くの求人の選択肢の中から仕事を選ぶ事ができます。

障害を持っていてもできる職

大手企業には障害者を社員数に応じて一定の割合雇った方がいい、という考えが広まっています。なので、身体に障害がある方は、大きな企業の求人を目指すと良いかもしれません。中小企業においては、このような義務はなく、受け入れ経験もない事が多いので、困難が予想されます。もちろん、中小企業でも募集をしているときはあるのですが、障害を持った方を対象とした求人は欠員が出たときに募集される場合が多いので、募集時期は一定ではありません。また、重度の障害がある人は受け入れていない場合が多くなっています。軽度の障害があり、仕事などのスキルもあるような人にチャンスがあると考えて良いでしょう。業務に支障をほとんどきたさない程度の障害がある人が採用されることが多いです。